お酒を飲み過ぎると、次の日に頭が痛かったり吐き気を感じたりすることがあります。
いわゆる二日酔いと呼ばれるものですが、サジージュースで解決することが出来るのでしょうか。
年末の忘年会が多い時期や春の歓迎会が多い時期には二日酔いに悩まされることが多くなります。
ひどい二日酔いになると仕事に支障が出たり、家事に支障が出たりします。
サジージュースに含まれている成分を検証して、二日酔いにどんな効果があるのか考えてみましょう。

・サジージュースは二日酔いに効果があるの?

サジージュースを飲むことで二日酔いを改善したり防いだりすることが出来るのか考えてみましょう。
二日酔いに効果を発揮する2つの成分がサジージュースの中には含まれています。

  • ★ビタミンC
  • ★抗酸化成分

ビタミンC と抗酸化成分は二日酔いの症状を和らげることや、予防に効果があると考えられています。
どうしてこれらの成分が効くのか説明していきます。

・・ビタミンC の成分

二日酔いになるとアセトアルデヒドという物質が体内に蓄積されます。
アルコールが肝臓で分解されるときに、アセトアルデヒドになるのです。
アセトアルデヒドは酢酸へとさらに分解されて、尿や汗として体外へ排出されます。
しかし、大量のアルコールを飲むと酢酸へ分解される前に、アセトアルデヒドが血中に流れ出します。
アセトアルデヒドには毒性があるので、頭痛や吐き気などの二日酔いの症状の原因となるのです。
そこでビタミンC の出番となります。
ビタミンC は、アセトアルデヒドを体の外へ出してくれるのを手伝ってくれる成分です。
サジージュースには大量のビタミンCが含まれています。
一口サジージュースを飲んだら一日分のビタミンC が取れるほどです。
これだけのビタミンC をサジージュースで摂取したら、二日酔いも良くなりそうですね。

・・抗酸化成分

サジージュースの抗酸化成分にも注目しましょう。
人間の腸の中には善玉菌と悪玉菌があります。
悪玉菌が増えると便通が不安定になったり便秘になったりして、体の代謝が悪くなります。
サジージュースは代謝を悪くする悪玉菌を撃退する抗酸化成分が多く含まれています。
アメリカ農務省や国立老化研究所で開発されたORAC法で、サジーには抗酸化成分がたくさん含有されていることが証明されていますよ。
抗酸化成分を体内へ取り入れると、悪玉菌が減って善玉菌が増えていきます。
結果として体の代謝が進み、体内にたまったアセトアルデヒドが尿として体外へ排出されていくのです。

・サジージュースをどうやって飲むと二日酔いに効くのか検証

二日酔いから助けてくれるサジージュースですが、どのように飲むと良いのか説明します。
お酒が大好きだけど二日酔いになりたくないという人は、飲み会の前にサジージュースを飲んでいます。
前もってアセトアルデヒドに効果のあるビタミンC や、腸内の代謝を促す抗酸化成分をサジージュースで体内に入れておくのです。
人によってはサジージュースでお酒を割る人もいます。
サジージュースには独特の酸味がありますが、その味がお酒の甘みを引き出しておいしく飲めるようです。
どんなお酒とサジージュースを割るとおいしく飲めるのか知りたいと思われますか。
人気のお酒は下記の通りです。

  • ★ウイスキー
  • ★焼酎

サジージュースとウイスキーや焼酎を割ると意外とおいしいようです。
二日酔い予防をしながら、好きなお酒を飲めるので安心ですね。
お酒を飲んだ後にサジージュースを飲むのも二日酔い予防に効果的です。
寝る前にサジージュースを飲んでおくなら、寝ている間にアルコールの分解を有効成分が手伝ってくれます。
夜に飲んで寝たら次の日すっきり目が覚めたとコメントしている人が多くいます。
うっかりサジージュースを飲み忘れて、二日酔いで目が覚めたときにサジージュースを飲むことも出来ますよ。
少し酸味のある味なので目が覚めますし、アルコールの分解を早める効果もあるでしょう。

二日酔いになると吐き気を感じたり胸焼けになったりします。
人によっては胃が痛くなることもあります。
特に飲み会の多い季節は、肝臓がアルコールを分解できる以上に飲んでしまって二日酔いになるリスクが高くなります。
しかし、サジージュースには二日酔いに効くと考えられているビタミンC や抗酸化成分がたくさん含まれています。
ビタミンC は二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを体の外へ出してくれる働きをします。
抗酸化成分は腸の悪玉菌を抑制して体の代謝を促し、アルコールの分解を早めることに貢献します。
サジージュースを飲み会前に飲んでおいたり、夜寝る前に飲んだりすることがおすすめです。
ウイスキーや焼酎と割ってサジージュース飲むのも二日酔い対策に有効ですよ。

二日酔いとは一体何なのか

どうして二日酔いになるかというと、飲み過ぎてしまうからです。
肝臓がお酒を分解できる能力以上に飲んでしまうなら、翌朝までアルコールが体内に残り、頭痛を感じてしまいます。
お酒を飲み過ぎることで胃の粘膜に負担がかかります。
そうすると下記のような症状を感じます。

  • ★吐き気
  • ★胸焼け
  • ★胃の痛み

二日酔いの気持ち悪さというのは、胃に負担がかかっているので起きるのです。
よく二日酔いになるのは、お酒をちゃんぽんで飲んだからと言われます。
本当にちゃんぽんで飲むと二日酔いになりやすいのでしょうか。
実はお酒の種類を混ぜてちゃんぽんで飲んでも、すぐに二日酔いになる訳ではありません。
色々なお酒を飲むと、ついついたくさんのお酒を飲んでしまうので二日酔いになるのです。
お酒の味が変わることで飽きずに飲んでしまい、肝臓の分解能力以上に飲酒してしまうことがちゃんぽんで二日酔いになる原因です。

サジージュースの選び方とおすすめ商品

5つのポイントを抑えれば失敗しない!

↓↓↓

詳しくはコチラ