サジーは、健康促進や美容のために良いと言われることがあります。
効果がありそうなので試してみたいと思っても、サジーとは何か分からないのでいまいち踏み切れないという方がいるかもしれません。
日本でサジーはあまりなじみがありませんが、海外の一部の人たちにはかなり人気があります。
健康や美容についての感度が高い人たちはかなり前からサジーの効果に注目してきていました。
サジーとは一体何なのか、どのように飲んだら効果が高くなるのか説明していきます。

・サジーって一体何なの?

サジーとは健康に良いと言われている植物のことです。
あまり聞いたことが無い植物かもしれませんが、実は長い歴史のある植物なのです。
サジーは数千年前から生育していて、ギリシャ神話のペガサスが大好きな植物だったとも言われています。
神話と関連付けられるほど、古くから存在している植物です。
チンギスハンが、戦いの時に馬を元気づけるためにサジーを食べさせたという言い伝えもあります。
チベットの古典書の中には、常用和漢としてサジーが記されています。
サジーは非常に古くから多くの人に健康促進のために使われてきたのです。

高い栄養素があるサジーですが、古代の人だけが注目した訳ではありません。
現代においてもサジーの栄養成分に着目している人たちがいます。
旧ソ連が宇宙飛行士の健康を維持させるために、サジーを利用しました。
宇宙に持って行ける食料は限られているので、できるだけ高い栄養素の食料を探していたところサジーに行き当たったようです。
サジージュースを飲んで、宇宙飛行士たちは厳しいミッションを完遂することが出来ました。

サジーは太古の時代から今にに至るまで厳しい自然の中で生き抜いてきました。
数千年間の環境の変化に対応しながら生息してきたのです。
そのため、サジーには環境変化に柔軟に適応でいる生存能力や高い生命力があります。
サジーの栄養成分を摂取することで、活力を得たり健康を促進させたり出来ると考えられています。

・サジーのにおいがきついって本当?

栄養価の高いサジーですが、においがきついと言われることがあります。
本当にサジーのにおいが強いのかどうか確認してみました。

結論から言いますが、確かにサジーのにおいは良いものではありません。
どちらかというと、生野菜のような青臭さがあります。サジージュースの口コミをチェックしたら、下記のようなコメントがありました。

  • ★酸っぱいにおい
  • ★独特な香り
  • ★野菜ジュースのようなにおい

確かに人によって感じ方は様々ですが、良薬口に苦しと言うように、サジーは良い香りがする訳ではありません。
サジージュースのほとんどは、余計なものを混ぜていない100パーセントのジュースです。
できるだけサジーの栄養成分を効率よく摂取できるようにと、100パーセント果汁になっています。
そのため、においがサジーそのもののにおいになってしまうのです。

なぜサジーのにおいは独特なのでしょうか。
今まで嗅いだことの無い香りのため、どうしても気になってしまいます。
日本人にサジーはなじみがないので、これまで嗅いだことの無い香りに違和感を感じてしまうのは当然です。
しかし、続けて飲んでいくと徐々に慣れてきます。
体に良いことを実感していけるため、サジーのにおいを嗅ぐと、自分は健康に良いことをしていると感じるようになりますよ。

・・サジーのにおいが気にならない飲み方が知りたい

サジーのにおいをできるだけ和らげて、おいしく飲みたいときにはどうしたら良いでしょうか。
他のジュースと混ぜて飲んでみることをおすすめします。
例えば、5つの飲み物と混ぜてみると、においがあまり気にならなくなります。

★飲むヨーグルト
★カルピス
★マンゴージュース
★豆乳
★炭酸水

飲むヨーグルトやカルピスはサジーとの相性が抜群です。
マンゴージュースと混ぜると南国の味になります。
栄養価をさらに高めるには、豆乳と混ぜるのもおすすめです。
炭酸水と混ぜることでサジーが飲みやすくなります。
これらのレシピを参考に、飲みやすい方法を探してみてくださいね。

関連:サジージュースの飲み方やアレンジ方法

・サジーはいつ飲むのがベストなのか

サジーはいつ飲むと良いのか解説していきます。
一番良いのは食後です。
食後にサジージュースを飲むなら、胃に負担をかけずに栄養素を摂取できます。
サジーは酸味が強いため、空腹時に飲むと胃に負担をかけてしまうことがあります。
おなかがゆるくなることや、痛みを感じることがあるので気をつけてください。
それだけサジーの効果が高いことを示しているのかもしれませんが、食後に飲むならおなかに負担をかけないので安心です。
しかし、天然の植物エキスのため、飲む時間やタイミングにそれほど神経質になる必要はありません。
食後におなかいっぱいでジュースを飲む気になれないなら、他の時に飲むことが出来ます。
例えば、夕食後30分くらい手から飲んだり、寝る前に飲んだりすることも出来るでしょう。
空きっ腹の時に飲まないことを意識するだけで十分です。
あまり冷やしすぎないようにすることも大切なポイントです。
冷えているサジージュースを勢いよく飲むと体を冷やしますし、胃がビックリしておなかを下してしまうかもしれません。
人によっては朝に1回と寝る前に1回の、一日2回飲んでいる人がいます。
朝に飲むと腸の働きをサポートしてくれますし、夜飲むと消化の働きを助けてくれます。

どれくらいの量を飲むのが良いのでしょうか。
製品によって変わってきますが、一般的には40ml前後で十分です。
濃縮タイプのサジージュースが多いので、ちょっとの量を飲むだけで良いですよ。
たくさん飲んでも少なく飲んでも効果は大して変わりません。
飲み過ぎてしまうと、おなかを壊すことや胃が痛くなることがあるので気をつけてください。
少量を前の項目のレシピの合わせて飲むなら、サジーの酸味が気になりませんよ。

・子供がサジーを飲んでも大丈夫?

サジーは子供が飲んでも問題ありません。
天然植物エキスのため、子供が飲んでも副作用が起きたりすることはないので注意してください。
ただし、アレルギー反応が強く出る体質の時には注意が必要です。
必ず専門家に確認してから飲むようにしましょう。
サジーには子供の健康をサポートする栄養素がたくさん入っています。

★アミノ酸
★ビタミン
★ミネラル

子供の成長を促す栄養素がたっぷり含まれています。
好き嫌いのある子供や野菜が嫌いな子供に飲ませることで、必要な栄養素を摂取していけます。
肌が弱い子供やアトピー性皮膚炎に悩まされている子供にサジージュースが良かったというコメントがあります。
確かに、サジーには肌のコンディションを整える栄養素が含まれているので、肌が弱い子供に良いのかもしれません。
乳酸菌が含まれているヨーグルトなどに混ぜて食べると、より効果を感じることが出来るかもしれませんね。

子供がサジーを飲む場合、どれくらいの量を飲んだら良いのでしょうか。
大人は40ml前後ですが、子供の場合は5ml程度で十分です。
体や胃が小さいので、大人と同じほどの量は必要ではありません。
また、たくさん飲もうとするとにおいが気になって、サジーが嫌いになってしまう可能性もあります。
少しの量を、他のジュースと混ぜて飲んでもらうようにするのがおすすめです。
ハチミツやアイスクリームと混ぜるのも良いかもしれません。

マンゴージュースや炭酸水と混ぜる飲み方もおすすめです。
太古の植物からの強いパワーを、サジージュースを飲むことで体の中に取り入れていきましょう。

サジージュースの選び方とおすすめ商品

5つのポイントを抑えれば失敗しない!

↓↓↓

詳しくはコチラ